会社案内

会社概要

会社名 幡豆工業株式会社
代表者名 代表取締役社長   犬塚 宣明
本社所在地 愛知県西尾市寺津町五十間南1番地2
TEL: (0563)59-6660FAX: (0563)59-5118
工場 本社工場(愛知県西尾市)、九州工場(熊本県山鹿市)、東北工場(宮城県伊具郡)
営業所 東京、大阪、名古屋、九州、札幌、広島、東北
創業 大正11年2月
設立 昭和16年3月
資本金 3,000万円
従業員数 180名
事業内容 上下水道用鋳鉄異形管、バルブ、鉄ふたの製造、販売及び各種メンテナンス
主要取引先 東京都水道局、広島市水道局、札幌市水道局、渡辺パイプ(株)、冨士機材(株)
主要銀行 十六銀行、三菱UFJ銀行
取得資格 日本産業規格認証製品(鋳鉄弁)
日本水道協会第1種検査工場(本社:第26号)
日本水道協会第1種検査工場(九州:第121号)
日本水道協会第1種検査工場(東北:第102号)
日本水道協会検査証印検査前表示許可工場
日本下水道協会下水道用資器材製造認定工場
(下水道用ダグタイル鋳鉄管:第062301号)
日本工業用水協会 管・弁類等製造事業場認定工場
ISO9001‐2015取得
(登録範囲:水道用ダクタイル鋳鉄異形管の製造)
加入団体 (公社)日本水道協会
(公社)日本下水道協会
(一社)日本工業用水協会
(一社)日本水道工業団体連合会
日本ダクタイル異形管工業会
水道バルブ工業会

沿革

1922年
(大正11年)
西尾市平坂町で創業
1941年
(昭和16年)
幡豆鋳物機械工業有限会社設立
1943年
(昭和18年)
光海軍公廠の指定工場となり制水弁、異形管、各弁類製造
1948年
(昭和23年)
幡豆鋳物工業株式会社設立
1950年
(昭和25年)
東京営業所開設
1952年
(昭和27年)
日本水道協会の指定検査工場となる
1952年
(昭和27年)
大阪営業所開設
1953年
(昭和28年)
建設省指定工場となる
1956年
(昭和31年)
名古屋営業所開設
1963年
(昭和38年)
西尾市寺津町に鋳造部門を移設
1964年
(昭和39年)
鋳鉄弁の日本工業規格(JIS)表示許可工場となる
1966年
(昭和41年)
本社工場を西尾市寺津町に移転
1967年
(昭和42年)
社名を幡豆工業株式会社に改称
1971年
(昭和46年)
九州営業所開設
1972年
(昭和47年)
札幌営業所開設
1973年
(昭和48年)
九州工場操業開始
1973年
(昭和48年)
日本工業用水協会、管、弁類等製造事業場認定工場となる
1978年
(昭和53年)
広島営業所開設
1979年
(昭和54年)
粉体塗装工場を新設・粉体塗装を開始
1980年
(昭和55年)
東北営業所開設
1981年
(昭和56年)
VPラインを導入
1983年
(昭和58年)
MC及びNCを導入
1987年
(昭和62年)
特別高圧受変電所建設
1988年
(昭和63年)
日本下水道協会の認定工場となる
1993年
(平成05年)
東北工場操業開始
1995年
(平成07年)
高周波炉溶解炉導入
1995年
(平成07年)
「静圧」法による生型造型ラインを導入
2003年
(平成15年)
日本水道協会 検査証印の検査前表示許可工場となる
2010年
(平成22年)
日本水道協会 第1種検査工場登録となる
2013年
(平成25年)
アーム型溶射ロボットの導入
2014年
(平成26年)
異形管内面粉体サクション工法の開始
2016年
(平成28年)
鋳抜き鋳造方法特許取得
2018年
(平成30年)
ISO9001‐2015本社工場・全営業所取得
2019年
(平成31年)
愛知県ファミリー・フレンドリー企業登録となる
2019年
(令和元年)
ISO9001:2015 九州工場・東北工場取得(登録範囲の拡大)